カルバマゼピンのあれこれ

カルバマゼピンのあれこれ

カルバマゼピンはてんかんの大発作や精神運動発作のほか、てんかん性格やてんかんに伴う精神症状の治療に主に使われています。カルバマゼピンを使用する前に効果や副作用、使用上の注意をよく確認して正しく服用しましょう。

カルバマゼピンと特定薬剤治療管理料

てんかんの発作を予防する薬としてカルバマゼピンがあります。カルバマゼピンはてんかんの発作を予防するだけでなく、躁鬱病や神経痛の緩和に対しても効果的な薬です。部分発作に対して効果が高く、脳神経の興奮をしずめる効果があります。欠神発作やミオクロニー発作等には無効ではありますが、全般発作では大発作に適用します。精神、神経用剤としては歴史が長く、部分発作にはよく選ばれている薬です。躁鬱病の治療には興奮をしずめる気分安定薬として使用されることが多いです。
抗てんかん剤は特定薬剤治療管理科とも密接な関わりを持っています。特定薬剤治療管理科とは投与薬剤の血中濃度を測定し、当該薬剤の量を管理した場合に算定することができる管理科を指しています。検査を実施した後に薬剤の投与量を管理することが条件となっております。そのため、算定するためには検査と投薬の両方を行う必要があります。抗てんかん剤も対象薬剤に入っています。改訂により特定薬剤治療管理課の適応が拡大されました。
この拡大よって抗てんかん剤であるカルバマゼピンの対象疾患に躁鬱病、躁病が追加されました。抗てんかん薬に関する規定も多く含まれているためてんかん患者の方は確認することをおすすめします。カルバマゼピンは抗てんかん薬として高い効果が期待できますが、副作用もあるので使用する際には注意が必要です。しっかりと自分の体調を把握するとともに医師への相談をすることをおすすめします。正しい処方をしてもらうことで抗てんかん薬として高い効果を得ることができます。同時に特定薬剤治療管理科についても知識をつけておくことが重要です。それにより正しい治療が可能になると言えます。

カルバマゼピンと中毒症状について

カルバマゼピンとは抗てんかん薬の一種として知られる薬です。主な効果はてんかん症状でよく見られる、失神などの大発作症状や精神運動発作といった主症状の抑制、およびてんかんを原因とする精神的な疾患に似た症状の緩和、消失効果です。また、てんかん以外にも用いられる事が多くなっており、三叉神経痛の緩和や、双極性障害、特に躁病に対する症状の緩和効果を期待して服用されます。また、精神疾患ではないアルツハイマー型認知症の症状、中でもBPSDと呼ばれる周辺症状に対して効果がある薬です。そのようなカルバマゼピンは、万能薬ではなく通常の向精神薬と同じく、副作用が多くあります。副作用としては眠気や、倦怠感、運動失調や脱力感、めまいなどが見られます。
こういった副作用はカルバマゼピンの処方開始時に起きる初期症状である場合もありますが、中には中毒症状として出現する場合があります。中毒症状とは、血中のカルバマゼピン濃度が高くなることで生じる悪心、吐き気、めまい、眠気などの副作用としても見られる症状のことを言います。
中毒症状になる場合の原因は、服用量が多いケースと併用している薬剤がある場合になります。服用量が多くなる理由は導入時に効果が出にくく、1週間程度は様子を見なければならないためです。向精神病薬は人によって必要量が異なっており、気づいた時には投与し過ぎている可能性があるのでこういったリスクを生じるのです。また、カルバマゼピンが他の薬によって相互的に働き、血中濃度を向上させる事があります。そういった薬として挙げられるのはフルボキサミンなどの抗うつ剤、マクロライド系抗生物質等が当てはまります。こういった薬を服用している場合は医師に必ず相談することが必要といえるでしょう。

カルバマゼピンの添付文書について

カルバマゼピンとは、抗てんかん薬の一種です。機序としては脳神経や末梢神経に存在するNaチャネルの遮断に伴い、活動電位の立ち上がりを阻害します。それによって神経細胞の複雑部分発作に対して効果を発するため、側頭葉部分発作の特効薬として使用が行われています。また、てんかんだけではなく、神経疾患である三叉神経痛や、気分障害の一種として社会的に問題と鳴っている双極性障害の治療薬としても効果があるとされています。また精神疾患、神経疾患だけでなく、アルツハイマー型認知症及び、そのBPSDと呼ばれる物盗られ妄想などの周辺症状、及び精神病症状などに有効とされています。
そのようなカルバマゼピンですが、添付文書を調べてみると複数の種類があります。カルバマゼピンには4種類がありますがそのうち、テグレトールが開発された薬剤となっています。そのため他の三種類はジェネリック医薬品となります。そのため、薬価を抑えたい場合はこちらを処方されることとなります。
なお、カルバマゼピンの添付文書には副作用が記載されています。副作用は向精神病薬に多く見られる物である運動失調、肝機能障害や血栓症、アナフィラキシーショックなどの重篤な物だけでなく、眠気、倦怠感などが出やすいという事の記載も行われています。また、グレープフルーツや一部の抗菌薬と同時に摂取すると血中濃度が高くなり、薬効が強くなるといった情報も記載されています。仮にカルバマゼピンを服用する場合には添付文章を確認し、どのようなタイミングで服用するか、また禁忌と呼べる行動は何かを把握すると共に、医師の診察を受けた後適切な用法用量が守れるように指導を受け、自己判断で投薬の継続、増量を行わないようにしましょう。