カルバマゼピンのあれこれ

カルバマゼピンのあれこれ

カルバマゼピンはてんかんの大発作や精神運動発作のほか、てんかん性格やてんかんに伴う精神症状の治療に主に使われています。カルバマゼピンを使用する前に効果や副作用、使用上の注意をよく確認して正しく服用しましょう。

カルバマゼピンの作用と配合薬について

カルバマゼピンとは、てんかんの発作や統合失調症の発作の症状を抑える効果を持っている成分です。脳神経の中枢に作用して、脳の興奮を引き起こす原因となるグルタミン神経の受容体を遮断することによって、必要以上の脳の興奮を抑えます。興奮状態を抑える他にも、けいれんや錯乱、幻覚などの部分発作などの症状を和らげる効果も期待できます。さらに、このようなてんかんnの治療だけでなく、必要以上の気分の高揚を起こす躁状態を緩和させたり、顔の筋肉が強く硬直して痛みを引き起こす三叉神経痛の治療にも使用されます。
カルバマゼピンが配合されている主な薬としては、「テグレトール」があります。これは、さまざまな年代の患者が現在服用していて、知名度も高い薬です。この薬は、主に医師から処方箋を書いてもらい薬局で処方されることが多いですが、個人輸入代行サイトの通販でも購入することができるという特徴があります。この薬を継続している時は、実際に病院へ行き薬局で購入するよりも、このように通販で購入した方が価格を安く抑えることができることがあります。普段は仕事などでなかなか病院へ行く時間がとれないという人や、薬を服用したいけれど金銭的に余裕があまり無いという人でも、購入することができるというメリットがあります。
カルバマゼピンは、世界的に有名な成分なので、比較的安全だと言うことができます。あまり重篤な副作用の報告はされていませんが、人によっては体に合う場合と合わない場合があり、さまざまなことが予想できるので、初めて服用するという時には十分注意して飲みましょう。また、医師などに詳しくカルバマゼピンについて話を聞いてみるのも良いでしょう。

てんかん患者への理解を深める必要がある

てんかん患者への理解は進んでいないといえます。実際様々な事件がテレビなどで取り上げられるたびにてんかん症状に対する誤った理解が深まってしまう事が予想されます。実際、てんかん症状は精神疾患であり、精神病棟に対するイメージもあってあまり良いものとはいえません。マイナスイメージや恐ろしいという印象をもつケースすらあります。
しかし、てんかん症状は十分コントロールできるものであり、日常生活をつづける上で問題が起こり得るものではありません。カルバマゼピンなどの服薬により、てんかんの大発作や精神運動発作、てんかんを起因とする精神症状などは管理が行えます。そのため、急に大発作症状である失神などが見られることはないので、安心して対応する事ができます。
ただし、よく使われる薬であるカルバマゼピンであっても副作用症状があるため、非常にややこしい疾患だといえます。その副作用症状によって車の運転などをするべきではないとされているのです。その理由は副作用の中で顕著なものとしてあげられる眠気や倦怠感があります。てんかん発作による意識消失が原因で車の事故が起こるケースも有りますが、薬の服用によってもそういった事故が起こる可能性があります。そのため、カルバマゼピンなどの薬を服用する事で様々な影響があるのは事実だといえるでしょう。
しかし、てんかんによる事故は非常に多いわけではありません。確かにリスクとは成り得ますが、多くの方は車に乗らないようにしたり、服薬の自己管理を適切に行なっています。誤った差別につながってはなりません。問題行動がある患者の存在がある事は確かですが、てんかん患者への風当たりを強くする事がないような社会づくりが求められるといえるでしょう。

カルバマゼピンの血中濃度と投与量調整

抗てんかん剤として使用される医薬品にカルバマゼピンがあります。カルバマゼピンを使用する場合には血中濃度の確認とそれによっての投与量調整が大切な内容となり、行うことににって効率的に効果を発揮することが知られています。
投与量の調節としては、まず、血中濃度が1~4μg/ml以下の場合では5~10mg/kgの増量が可能となっており、ここでは、てんかん発作が出現をする場合での増量調節となっています。次に、血中濃度が4~8μg/ml以下では、調節が不要となり、てんかんが出現する場合のみ5mg/kgの増量が可能となっています。そして8~12μg/mでは同じように調節の必要は不要とされていますが、ここでは他の医薬品での変更や併用が可能となっており、それぞれ、1~12μg/mの血中濃度に関しては、長期発作の抑制の場合には、中止または調節の必要がないことになっています。また、12μg/m以上では、投与量の調整は5mg/kg以上の減量と副作用に関係なく減量することになっています。
カルバマゼピンは、通常、血液中の安定状態での濃度を、血中濃度4~12μg/mlになるように投与量や投与方法を考慮しながら計画が立てられますが、この場合には中毒症状に十分な注意が必要となります。それは、8μg/m以上の場合では、頭痛や嘔吐、また眼振、傾眠、複視といった眼に症状が現れたり、運動失調や精神的に不安に陥るといったことがあり、20μg/m以上の場合では、痙攣発作の増加や水中毒といった、重篤な症状に陥る場合もあります。中毒症状は、血中濃度が12μg/ml以上で現れることが知られており、他にも急性の肝炎や幹細胞の壊死、さらには食欲不振、便秘、下痢や膵炎などの症状が現れることもあり、そのような場合には使用の中断と医師の判断が必要になります。